日本人類遺伝学会 The Japan Society of Human Cenentics

メーリングリスト 会員用掲示板 JOURNAL(会員用) お問合せ ENGLISH
日本人類遺伝学会の理念と将来構想

遺伝学は生命情報の継承と個体間の多様性を研究する生物学の中心的な学問分野であり,人類遺伝学は「人間」の理解を基本理念として,遺伝学の立場から科学,医療,社会への貢献を通して、より良い人類の未来を目指す学問分野である.日本人類遺伝学会は人類遺伝学の研究を通じ科学の進歩に貢献すること,遺伝学分野の診療を推進すること,疾患や健康の研究を通じ医療や福祉に貢献すること,さらには教育や啓発を通じ社会に人類遺伝学の知識の普及を図ることを目的とする.
日本人類遺伝学会は以上の理念を踏まえ,大会や研究会を開催し,人類遺伝学の進歩,人類遺伝学研究者と遺伝学分野の診療に携わる医療従事者の間の情報交換,相互評価と連携,研究内容の社会への還元,および教育への貢献や社会啓発を図る.更に,遺伝学分野の診療を充実,発展させ,国民により優れた医療の提供を実現するために,臨床遺伝専門医の養成と認定を行う.
また,世界の人類遺伝学の研究を促進し,研究者間の情報交換や世界に対して情報発信を推進するため,学会雑誌「Journal of Human Genetics」を刊行する.
これまでにも日本人類遺伝学会は日本における人類遺伝学の発展のため大きな役割を果たしてきた.しかし,海外の人類遺伝学に関連する学会の発展を鑑みるに,本学会の現状は理想とはかけ離れた状況になっている.本学会の現会員や参加の可能性がある人達の中で人類遺伝学のみを専門とする研究者や医療従事者は多くはない.したがって,本学会は人類遺伝学を専門とする研究,診療,教育分野の人材や職域の拡大を図らねばならない.さらに,本学会は,人類遺伝学の研究者,医療従事者だけではなく,それ以外の専門分野の医療従事者や研究者にとっても,有益で魅力的な内容を提供する必要がある.人類遺伝学の発展のためには,学際的な研究分野,先端的な研究分野に対しても積極的に対応をすべきである.
人類遺伝学が,個別の専門分野と異なる点は,遺伝学を通じた,分子−細胞−臓器−個体−集団−進化という縦断的,さらにはそれぞれの専門分野を統合する横断的な視点である.人間の基礎的情報であるヒトゲノムの全配列が解明された21世紀において,このような縦断的,横断的視点は生物学,医学,診療,教育,社会でますます重要になる.すなわち,本学会は分子,染色体,細胞,動物,情報などを対象とした遺伝学的研究,遺伝学の分野の診療の発展に貢献すると同時に,人類遺伝学の総論部分,例えばゲノムインフォーマティクス,統計遺伝学,集団遺伝学,遺伝カウンセリング,遺伝倫理などの充実にも力を入れる必要がある.ヒト全ゲノム配列の解明に引き続き,個人のゲノム配列の違いを始めとしたさまざまな網羅的なデータが得られるようになりつつあり,遺伝学を基盤とした疾患の解明,治療,予防の研究の発展,個人間の遺伝的情報の多様性を考慮した個別化医療(例えば薬理遺伝学)の研究や推進に力点をおいていかねばならない.
個人間の多様性が詳細に明らかになりつつあることを踏まえ,本学会は,これらの個人間の違いが,差別に結びつかないように細心の注意を払うとともに社会に対しても情報発信していく必要がある.本学会は人類遺伝学に関する研究や診療のための指針やガイドラインを通じて指導的役割を果たすだけでなく,人間の多様性を前提にお互いが尊重しあう社会の構築のために教育や社会啓発活動を積極的に行っていく.

(2007年10月10日)